​「Casa Albero 」の上質へのこだわり

職人仕上げの漆喰壁


昔の日本の家では、外壁も内壁も土や漆喰で塗られていました。

漆喰のやさしい風合いは住む人に安らぎを与え、快適な住空間をもたらします。

漆喰は石灰石を主原料とした壁材料で、耐火性、耐久性が強く、吸湿、放湿性にすぐれており、家の中の空気を浄化してくれます。

また、強いアルカリ成分がインフルエンザウイルスを99.6%死滅させることが証明されており、抗菌機能もかなり高いと言えます。

私たちは、独自に高品質低コストの漆喰を開発し、壁はもちろん、ご希望に応じて天井にも本漆喰塗りを施します。汚れても簡単に塗り替えることができ、白だけでなく、好みの色に仕上げることも可能です。

漆喰の施工はとても手間がかかります。乾燥や硬化を急ぐと、ヒビが入ることもあります。 そこで私たちは、厳しい眼で選んだ上質な漆喰だけを使用し、腕の確かな左官職人を確保して、難易度の高い漆喰の塗り壁を内装の多くの部分に使用できる体制を整えました。

のびのびと深呼吸ができる自然素材の空間で、季節を問わず、心地よく快適に過ごしてください。