​「Casa Albero 」の上質へのこだわり

基準値1.25倍の耐震性


日本の家は様々な工法で創られており設計やデザインによって最適な工法、素材は異なります。納得住宅工房では多くの工法や素材をじっくりと比較検討し、独自のルールを定めています。


基礎や工法はもちろん、サッシ、外壁、断熱材も法的基準を遥かに上回る強度と快適性を備えたものを採用し、どんな状況でもオーナー様が安心して暮らせる家創りを実践しています。「構造」という目に見えない部分にも徹底してこだわる、それが納得住宅工房の考え方です。


私達は確実に起こり得る東海地震の震源地の近くで建築をしている会社です。 耐震施工においてはひとつひとつの機能よりも、それらのトータルバランスが一番重要だと考えます。機能はあくまで耐震能力を補う要素にすぎないのです。

  • 強い基礎(平面・地震エネルギーの分散)

  • 強い壁(立体・引き抜き・圧縮への抵抗)

  • 強い構面(ねじれ防止)

  • 強度がに優れた無垢桧を柱・土台に採用

  • バランスの良い設計

これらは地震に対して最低限やるべきことです。


工法は木造軸組工法+パネル工法を採用。無垢の檜の柱を軸に、筋交いとパネル工法で建築基準法の約1.25倍に値する耐震性を実現しました。 さらに全棟制震ダンパーを標準で装備します。昨今の「いかに基準値までの耐力を確保するか」ではなく、「いかに基準値を超えて余裕が持てるか」が納得住宅工房の考え方です。