​「Casa Albero 」の上質へのこだわり

厳選した自然素材が織りなす、上質な住みごこち


今でこそ、無垢の木と自然素材を使った家は珍しくありませんが、私たちは約20年前から無垢材や漆喰の壁など、自然素材の素晴らしさに着目していました。


納得住宅工房がつくる家は、四季のある日本の気候に順応できる吸放湿性を持ち、室内の空気を汚すことのない無垢の木と選りすぐりの天然素材を標準で使っています。


柱は檜(ひのき)、床は無垢材、壁は漆喰など、細部に至るまで徹底しています。ここまでこだわる理由は、お客様が理想とする家づくりの最大のカギが天然素材にあると知ったからです。

近年問題になっている新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれるシックハウス症候群。

新築住宅や新車などに特有の空気の汚染が原因で起こると言われています。室内空気の汚染源の一つとしては、家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれるホルムアルデヒド等の有機溶剤、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤等から発生する揮発性有機化合物があるといわれています。


健康面での安心、安全、建物の耐久性や機能性、そして何よりも暮らしの心地よさを届けたい、それが私たちの想いです。